九州・宮崎県都城市の周辺観光スポット

霧島火山帯に属する生きた大地、その上に広がる雄大な大自然。そして戦国時代の猛将・島津家が培った武士文化の歴史が今も息づく場所。九州・宮崎県都城市はダイナミックな魅力溢れる地域です。

ここには人の手で作られた観光施設はほとんどなく、その代わりに手付かずの自然の恵み、現代人が忘れてしまった古き良き日本の原風景と人の営みがあります。

霧島山麓に位置する体験型の宿泊・民泊施設「悠遊館(ゆうゆうかん)」を旅の拠点にして、都城市の大自然、食の豊かさ、武士文化の歴史と伝統の素晴らしさをぜひ体感してみてください。

1.霧島連山、高千穂峰や金御岳などの大パノラマ

都城市民にとって「高千穂峰」はなくてはならない山であり、地元を代表する美しき霊峰です。周辺の霧島連山の主峰としても知られ、日本に現存する最古の歴史書である「古事記」や「日本書紀」では、天孫降臨伝説の舞台としても伝えられている地です。

ここは日本の皇室の始まりの地であると伝えられる一方、日本国内の登山のメッカとしても有名で、「天孫降臨コース」と「二子石コース」、2つの登山ルートがある山となっています。

さらに秋から春の時期にかけては、「金御岳公園」から望む幻想的な雲海の美しさも圧巻です。天候とタイミングさえ合えば、息を呑むほどの感動的な光景に出会えます。

住所:宮崎県都城市御池町(高千穂峰)
住所:宮崎県都城市梅北町11449-60(金御岳公園)

2.日本有数の名水の源流、関之尾滝

宮崎県と鹿児島県にまたがる「霧島ジオパーク」。ここは太古の霧島山の火山活動によって誕生した雄大な景観エリアです。その一角に位置する「関之尾滝」は日本の天然記念物にも指定され、日本の滝100選の1つにも数えられている名瀑です。

「関之尾滝」は大滝、男滝、女滝という3つの滝から構成され、幅40メートル、高さ18メートルという圧倒的なスケールを誇る大滝の轟音は、訪れる観光客の想像を遥かに上回る迫力です。目の前に掛けられている吊り橋もスリル満点で、上流には川遊びが楽しめる甌穴群も広がっています。

住所:宮崎県都城市関之尾町(関之尾公園内)
参考URL:詳しい情報はこちら

3.国内最大級の焼酎の里、霧島ファクトリーガーデン

都城市は日本を代表する「焼酎の里」としても知られる地です。「霧島ファクトリーガーデン」は国内最大級の焼酎メーカーであり、「黒霧島」や「赤霧島」「白霧島」などの酒で知られる「霧島酒造」が直営する施設。

敷地内では焼酎工場の見学が楽しめるのはもちろん、ミュージアム、レストラン、ベーカーリーなども併設され、焼酎の仕込み水としても使用される名水、「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」を汲んで持ち帰ることもできるようになっています。都城市を代表する人気観光スポットの1つです。

住所:宮崎県都城市志比田町5480
参考URL:詳しい情報はこちら

4.大自然の営みや暮らしを体験できる、ふれあいの丘

雄大な大自然の景観が広がる霧島山麓に位置する体験型の宿泊・民泊施設、「悠遊館」の敷地内にあり、宿泊する建物から歩いて5分の場所にある「ふれあいの丘」。ここは小さな子供が初めての乗馬を体験したり、上級者なら外乗も楽しめてしまう本格的な牧場です。

約1万5,000坪の敷地には乗馬コースや動物とのふれあい広場、体験農場、果樹園、フラワーガーデンなども広がり、車で5分の場所には天然温泉も湧出しています。地元都城の中でもまだ知らない人が多い隠れた新名所で、大自然の空気を感じながら様々な体験メニューを楽しむことができます。

住所:宮崎県都城市山田町中霧島4480
参考URL:詳しい情報はこちら

5.地元では最大級の観光牧場、高千穂牧場

同じく霧島連山の麓に位置し、乳牛の乳搾り体験や乗馬体験、ソーセージやアイスクリームの手作り体験なども楽しめる「高千穂牧場」。ここはカップルや家族連れに大人気の観光牧場です。

その他にも動物たちとのふれあいや牛乳の製造工程の見学、まきばのレストランでのジンギスカン料理なども楽しめ、一日中いても飽きないほどの体験メニューや見学メニューが揃っています。足湯に浸かりながら味わえるソフトクリームも絶品の美味しさで、牧場内には四季折々の花々も咲き誇っています。

住所:宮崎県都城市吉之元町5265番地103
参考URL:詳しい情報はこちら

6.お目当ては絶品オムライス、霧島たまご牧場

畜産業が盛んな都城市は、豚や牛肉だけでなく、鶏の産出額も日本一として知られる街です。そんな都城の中でも訪れる観光客に人気のスポットとなっているのが宮崎と鹿児島の県境近くに位置する「霧島たまご牧場」です。

ここを訪れる皆さんのお目当ては絶品と評されている「オムライス」。牧場内で放し飼いする鶏から生まれた超新鮮な卵を使用していて、ふわふわ過ぎるタマゴの食感に思わず感動。サラダやデザートの食べ放題も見逃せないグルメスポットですよ。

住所:宮崎県都城市吉之元町5265-145
参考URL:詳しい情報はこちら

7.都城が誇る農産物や畜産物が並ぶ、道の駅都城

都城盆地に広がっているシラス台地。太古の火山噴火によって作られたこの台地は、都城の地に豊かな水の恵みと肥沃な土壌を与えてくれました。そして都城市は全国有数の農産物の産地となり、「黒豚」などの畜産品の出荷額も日本一。加えて近年は和牛オリンピックで2度日本一に輝いた「宮崎牛」の産地としても知られるようになりました。

そんな都城市の食の恵みに出会いたいと思ったら、ぜひ「道の駅都城」へと足を伸ばしてみてください。地元の名物食材が手に入るとともに、レストランでは地元の料理をたくさん味わうこともできます。

住所:宮崎県都城市都北町5225-1
参考URL:詳しい情報はこちら

8.戦国の猛将・島津の発祥はここにあり、都城島津邸

勇猛果敢な戦国大名として全国に名を轟かせ、江戸時代には薩摩藩主としてこの地を治め、幕末から明治維新の時代にかけては日本を大きく動かす立役者となった「島津家」。実は都城市は「島津家発祥の地」と言われる場所であり、かつてのこの地は「島津荘」と呼ばれる国内最大級の荘園が広がるエリアでした。

都城の市街地に残る「都城島津邸」は、そんな島津家の歴史や明治時代以降の暮らしぶりがわかる貴重な歴史スポットです。敷地内の「都城島津伝承館」には歴史ファン必見の所蔵史料も展示されています。

住所:宮崎県都城市早鈴町18街区5号
参考URL:詳しい情報はこちら

9.弓道の聖地で毎年開催される、都城弓まつり

武士の文化や気風が今なお息づいている街、都城。実はこの街は「日本一の弓のまち」としても知られ、竹弓の生産高は日本一を誇っています。また、毎年3月下旬には「全国弓道大会」が開かれ、弓道関係者にとっては聖地とも言える街になっています。

全国弓道大会の際には国指定の伝統的工芸品である「都城大弓」の展示、販売も行われていて、素晴らしき武士文化の歴史と大会の熱戦に触れることができます。

住所:宮崎県都城市早水公園体育文化センター(毎年3月下旬頃に開催)
参考URL:詳しい情報はこちら

10.地元屈指の人気日帰り湯、かかしの里ゆぽっぽ

霧島連山の麓に位置する山田町には、地元民に愛されている日帰り湯「ゆぽっぽ」があります。豊富な湯量が自慢の源泉かけ流しの天然温泉で、「美人湯」としても知られる癒やしのスポットです。

眺めの良い露天風呂はもちろん、電気風呂、打たせ湯など楽しめるお風呂のバリエーションも多数。その上広い敷地内には「家族湯」まで揃い、家族連れでものんびりと時間を過ごすことができるようになっています。

住所:宮崎県都城市山田町中霧島3340-2
参考URL:詳しい情報はこちら

11.ひなびた風情が味わえる天然温泉、山田温泉交流センター

「悠遊館」から車で2分、山田町の山間に位置する日帰り湯「山田温泉交流センター」は、「ゆぽっぽ」よりもさらにひなびた風情が味わえる源泉かけ流しの天然温泉です。観光客というよりも地元客が多い温泉で、地下1,700mから湧出する温泉の癒やしを求めて毎日多くの人たちがここを訪れています。

ちなみに泉質は「ゆぽっぽ」と同じくナトリウム・炭酸水素塩温泉で、少しヌメリのある湯が特徴。温泉通なら山間から湧出するこちらの湯に行ってみるのがおすすめですよ。

住所:宮崎県都城市山田町中霧島1913番地
参考URL:詳しい情報はこちら

悠遊館だけの体験オプショナルツアー

悠遊館までの交通アクセス